MENU

【PHP基礎講座①】PHPの基本的な書き方

PHPの基本的な書き方

『PHP基礎講座①』では、開閉タグ(<?php ?>)やecho(文字列の出力)の書き方について解説していきます。

目次

PHPの基本的な書き方

PHPのコードは基本的に始まりに『<?php』、終わりに『?>』を付けます。

また、echoを使うことで以下のようにHTMLのコードや文字列を出力できます。

echoのあとに記述するHTMLコードや文字列はシングルクォーテーション(’)もしくはダブルクォーテーション(”)で囲む必要があります。そして、文末には「;」を記述します。

【PHPのコード】

<p>テキスト1</p>
<?php echo "<p>テキスト2</p>"; ?>
<p>テキスト3</p>

【HTMLでの出力結果】

<p>テキスト1</p>
<p>テキスト2</p>
<p>テキスト3</p>

文字列を出力する場合

文字列を出力する場合は、文字列をシングルクォーテーション(’)もしくはダブルクォーテーション(”)で囲む形で記述します。

<?php echo "テキスト"; ?>

数値を出力する場合

数値を出力する場合は、シングルクォーテーションなどで囲まず、数値のみを記述します。

また、数値はPHPのコード内で計算することも可能です。

<?php
echo 1 + 2;
echo 3 - 4;
echo 5 * 6;
echo 16 / 8;
echo 10 % 9;
?>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

即戦力級のWeb制作者になるためのLINEマガジン

LINEマガジン登録特典のサムネイル
即戦力級のWeb制作者になるためのLINEマガジン
目次